Uncategorized

みかんの食べすぎで手が黄色くなるのは色素が原因の『柑皮症』|病気ではないのでご安心を。

投稿日:

みかんの食べ過ぎで手が黄色くなるのはなぜ?

寒い季節になると、こたつに入ってみかんを食べる。日本の冬の風物詩ですね。

ハウス栽培が広まった今では年中みかんが食べられますが、やはり旬である冬のみかんは格別に美味しくて、ついつい何個も食べてしまいまいます。

 

みかんを沢山食べていると「あれ?」と、気づくことがあるかもしれません。

そう、手が黄色くなってきていませんか?!

実はこれは病気ではなく、みかんに多く含まれる『カロテノイド』という色素が原因だったのです!

 

この記事では、みかんを食べると手が黄色くなる問題について、その原因とメカニズムなどを解説していきます。

 

この記事のポイント

  • みかんを食べると、身体の内外両面から色素沈着が起きて手が黄色くなる
  • 手足が黄色くなるのは『柑皮症』という症状で、病気ではない
  • しばらくβ-カロテンの多い食品を避ければ自然回復する
  • みかん以外の食品でも、β-カロテンが多いもので柑皮症になる可能性あり
  • 白目の部分が黄色い場合は黄疸の可能性があるので病院へ

 

手が黄色くなる理由は『色素が沈着するから』

みかんには、主に『カロテン』『β-クリプトキサンチン』という二つのオレンジ色の色素(カロテノイド)が含まれています。

 

果実に多く含まれるのは『カロテン(β-カロテン)』で、これは身体に取り込まれるとビタミンAに分解されます。

しかし、肝臓が弱っている時や大量にβ-カロテンを摂取した時には分解しきれず、血中にそのままβ-カロテンとして流れ込んでしまうのです。

この血中のβ-カロテンが全身の皮膚や皮下脂肪に沈着することで皮膚が黄色く見えるのですが、特に角質の厚い手や足の裏に沈着しやすい性質があります。

 

また、みかんの皮には『β-クリプトキサンチン』が多く含まれ、これは皮をむく際に指に直接付着・沈着していきます。

 

つまり、みかんを食べると・・・

  • 分解しきれなかったβ-カロテンが体内から角質に沈着する
  • 皮に含まれるβ-クリプトキサンチンが直接指に付着・沈着する

というように、内外両面から色素が沈着することによって手が黄色くなっていくのです。

※β-カロテン、β-クリプトキサンチン共に、果実・皮の両方に含まれます。あくまで『多い』という程度に捉えてください。

 

みかん以外の食品でも、手が黄色くなる

先ほど解説したように、手が黄色くなる原因の一つは『β-カロテンの沈着』。

そのため、実はみかんに限らずβ-カロテンを多く含む食品を多く食べると手が黄色くなるのです。

 

β-カロテンが多く含まれる代表的な食品と、含有量は以下の通り。

  • みかん:100g中に1.0mg
  • かぼちゃ:100g中に4.0mg
  • にんじん:100g中に8.6mg

身近な野菜だとにんじんのβ-カロテン含有量が非常に多く、吸収の早い野菜ジュースだと特に手が黄色くなりやすいです。

 

しかし、こう見るとみかんのβ-カロテン含有量ってあまり多くないのに、何故『みかん=手が黄色くなる』というイメージが広がっているのでしょうか。

それは、『皮をむく時に身体の外側からも色素沈着が起きるから』『冬場は数日間連続して食べる方が多く、分解しきれなくなるから』だと考えられています。

確かに野菜の皮むきってみかんほど長時間触らないし、何日も連続でにんじん・かぼちゃを食べることも少ないですよね。

 

成分の出典

日本食品標準成分表2015年版(七訂)|文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365419.htm

 

手が黄色くなっても病気ではない!時間経過と共に自然治癒するのでご安心を。

実際に自分や子供の手が真っ黄色になると「病気なのでは!?」と慌ててしまいますが、病気ではないので安心してください。

この症状のことを『柑皮症』と言いますが、ここまで説明してきたようにただの色素沈着であって、他に悪影響はありません

男性よりも女性、特に赤ちゃんや高齢者・色白な方は症状が出やすいとされています。

 

また、一度黄色くなった肌も時間の経過と共にβ-カロテンの分解吸収・肌の代謝が進んで自然に治っていきます

その間はβ-カロテンを多く含む食品を避けるようにしましょう。

 

白目の部分の色で『黄疸』との区別を!

手や足が黄色くなってくると「もしかして、黄疸!?」と慌ててしまうことがあるかもしれません。

そんな時は慌てず、鏡で白目の色をチェックしましょう。

  • 白目に異常がなければ、柑皮症
  • 白目が黄色くなっていたら、黄疸の可能性あり

万が一黄疸だった場合には、陰に他の病気が隠れている可能性もあります。

もし白目が黄色くなっていたら迷わず病院に行きましょう

 

まとめ

  • みかんを食べると、身体の内外両面から色素沈着が起きて手が黄色くなる
  • 手足が黄色くなるのは『柑皮症』という症状で、病気ではない
  • しばらくβ-カロテンの多い食品を避ければ自然回復する
  • みかん以外の食品でも、β-カロテンが多いもので柑皮症になる可能性あり
  • 白目の部分が黄色い場合は黄疸の可能性があるので病院へ

体質によってなりやすい・なりにくいもあるので、人によっては正月の風物詩とも言える『柑皮症』。

なぜ黄色くなるのか、なぜみかんのイメージなのか、調べてみると意外な発見もありますね。

ただ、「またいつもの奴か」と油断せずに、念のため鏡だけは見るようにしましょう!

 

以上『みかんの食べすぎで手が黄色くなるのは色素が原因の『柑皮症』|病気ではないのでご安心を。』でした。

-Uncategorized

Copyright© ゆるとりびあ , 2019 All Rights Reserved.